法律について知る


貸金業規制法

貸金業法とは、貸金業に関する法律のことです。事業登録や業務に関する諸規則や、貸金業務取扱主任者の選任、業界団体の設立などが定められています。
最近では俗に闇金融と言われる、悪質な違法業者を取り締まることを目的に、平成15年に改正、平成18年にもグレーゾーン金利廃止などの問題のために改正されました。

利息制限法

利息制限法とは、金銭貸借上の利息の最高利率を規制した日本の法規のことを言います。 金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約では、その利息が次の利率によって計算された金額を超えるときはその超過分については無効になる、というものです。
元本が100,000円未満の場合 年2割(20%)
元本が100,000円以上1,000,000円未満の場合 年1割8分(18%)
元本が1,000,000円以上の場合 年1割5分(15%)